ドラフト“クジ”に苦しむ巨人 現在9連敗中…原監督も1勝10敗

[ 2020年10月26日 10:00 ]

19年のドラフトでは、競合した1位・奥川はヤクルトに
Photo By スポニチ

  プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は、26日午後5時から都内のホテルで開かれる。巨人は大学No.1野手の呼び声が高い近大・佐藤輝明内野手(21)の1位指名を公表しているが、ソフトバンク、オリックスもすでに1位指名を公表しており、競合は確実だ。

 だが、巨人の1位指名で競合した時の成績はかなり悪い。昨年も奥川(星稜)を指名するも3球団の競合で外れるなど、現在9連敗中。また、3球団以上が競合した1位(1巡目)の抽選は2勝18敗。当てたのは80年原辰徳(東海大)、92年松井秀喜(星稜)だけで13連敗となった。

 原辰徳監督も1勝10敗と振るわず、3球団以上の抽選では8度全て外している。当てたのは08年の大田泰示(東海大相模)の1回だけとなっている。

 【巨人のドラフト1位競合時の成績】

66年 4球団X江夏豊→阪神 山下司
79年 3球団X木田勇→日本ハム 林泰宏
80年 4球団〇原辰徳
82年 2球団X荒木大輔→ヤクルト 斎藤雅樹
84年 3球団X竹田光訓→大洋 上田和明
86年 3球団X阿波野秀幸→近鉄 木田優夫
88年 2球団X川崎憲次郎→ヤクルト 吉田修司
91年 4球団X若田部健一→ダイエー 谷口功一
91年 4球団〇松井秀喜
95年 7球団X福留孝介→近鉄 原俊介
01年▲4球団X寺原隼人→ダイエー 真田裕貴
05年 2球団〇辻内崇伸
06年▲3球団X堂上直倫→中日 坂本勇人
07年▲5球団X佐藤由規→ヤクルト 藤村大介
  ▲6球団X大場翔太→ソフトバンク
  ▲3球団X篠田純平→広島 村田透
08年▲2球団〇大田泰示
11年 2球団X菅野智之→日本ハム
   2球団〇松本竜也
13年▲2球団X石川歩→ロッテ 小林誠司
16年 5球団X田中正義→ソフトバンク
   5球団X佐々木千隼→ロッテ 吉川尚輝
17年 7球団X清宮幸太郎→日本ハム
   3球団X村上宗隆→ヤクルト 鍬原拓也
18年▲4球団X根尾昂→中日
  ▲4球団X辰己涼介→楽天 高橋優貴
19年▲3球団X奥川恭伸→ヤクルト
  ▲2球団X宮川哲→西武 堀田賢慎

▲は原監督が抽選
※→の右は当てた球団、その後の選手名は外れ1位指名選手

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース