DeNA、静岡商・高田琢登投手を6位指名 「父子鷹」で注目 高校球界屈指の左腕

[ 2020年10月26日 19:04 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

静岡商・高田
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、DeNAが6位で静岡商の高田琢登投手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 高田は最速148キロを誇る高校球界屈指の左腕。甲子園には手が届かなかったが、父・晋松氏(50)が監督だったこともありベンチ入りした1年夏から「父子鷹」として注目を集めてきた。

 プロ志望届提出が大安の9月16日。日本高野連に受理されたのが18回目の誕生日となった2日後の18日とは縁起がいい。プロとの接触が可能となり意識にも変化が生じている。高校では「体力に自信がない」と前半を抑え気味に、後半に力をフルに持って行くことが多かったが「それでは最初から打ち込まれる。プロでは通用しない」と指摘を受けた。

 「先発として勝てる投手」が目標。投げるスタミナを身につけ、同じ静岡県出身の先輩でもある阪神の左腕・高橋の快速球が理想に掲げる。

◆高田琢登(たかだ・たくと)2002年9月18日生まれ。静岡県富士宮市出身。1メートル77、77キロ 左投げ左打ち

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース