楽天 ドラフト1位は明大・入江が有力 石井GM「2人に絞った」最終決断は当日

[ 2020年10月26日 05:30 ]

明大の入江
Photo By スポニチ

 楽天はドラフトでは明大・入江の1位指名が有力だ。都内でスカウト会議を開き石井一久GMは「(1位は)投手でいくことになった。2人に絞った」と説明。入江と早大・早川の2人とみられ、当日に最終判断。

 入江は次世代のエース候補として高く評価。早川は複数球団による抽選が確実で、入江は一本釣りの可能性もある。過去2年は大卒・社会人の野手を1位指名してきたが「今年は投手が中心。計画通り」と強調。投手陣の整備に重点を置く方針で「5、6人は指名したい」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース