大阪桐蔭・宮下 因縁の天理から決勝弾「1球は失投がくるだろうと」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会準々決勝   大阪桐蔭11-4天理 ( 2020年10月25日    わかさスタジアム京都 )

<近畿秋季大会準々決勝 天理・大阪桐蔭>3回2死一、二塁、3点・本塁打を放つ大阪桐蔭・宮下(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 一体、どこまで強いのか。大阪桐蔭が奈良1位の天理を7回コールドで圧倒。昨秋近畿大会決勝で敗れ神宮行きを阻まれた因縁の相手に雪辱を果たし、選抜出場を当確とした。

 2回まで来秋ドラフト候補右腕の相手先発・達孝太に4三振と完璧に封じられたが、打順が2回りしてからきっちり合わせてきた。3回、あっさり同点に追いつくと、なおも2死一、三塁から「3番・三塁」の宮下隼輔が左越えへ決勝3ラン。中田翔(日本ハム)に憧れ大阪桐蔭の門を叩いた背番号5は「1球は失投がくるだろうと思っていた」と真ん中に吸い込まれるように入ってきたスライダーに、うまくバットを乗せた。

 先発した来秋ドラフト候補左腕の松浦慶斗は天理打線に8安打され4点を奪われたが完投。7回には死球を挟む5連打などで6点を加える猛攻だった。「春も夏も中止になったので、背番号をつけた公式戦をどんどんやっていきたい」と西谷浩一監督。コロナ禍で試合に飢えた絶対王者の勢いは止まらない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース