慶大・木沢 3回無失点でラストアピール 早慶戦でV決着

[ 2020年10月26日 05:30 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第6週最終日2回戦   慶大1-1法大 ( 2020年10月25日    神宮 )

<慶大・法大>9回2死二塁、法大・大柿を二飛に抑え雄叫びを上げる慶大・木沢(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ早大が立大と、慶大は法大と、ともに1―1で引き分けた。首位・慶大は6勝2分けのポイント7、2位・早大は5勝3分けで同6・5。決着は早慶戦に持ち込まれた。慶大は2回に三重殺も、連投のエース木沢尚文(4年)が終盤の3回を無失点に抑えた。

 慶大はドラフト1位候補の木沢が、同点の7回から登板。連投となったが、最速150キロの直球を武器に、3回を2安打無失点に抑えた。引き分けでの0・5ポイント獲得に貢献。「3イニングを投げ切るより、1人ずつアウトを取るつもりでした」と振り返った。

 きょう26日のドラフト会議については「ここから何かするより、早慶戦へ準備します」と優勝争いの直接対決となる最終週へ気合十分。「木沢がよくつないだ」とエースを称賛した堀井哲也監督も「これ以上ない舞台。総力でぶつかりたい」とした。

 ロッテなどがドラフト1位を公表している早大・早川との対決になる木沢は「早慶戦の2試合、投げきって勝つ。ただただ勝てれば…」と意気込んだ。(伊藤 幸男)

 ▼法大・高田孝(最速155キロのドラフト候補右腕。慶大戦先発で7回1失点に)全力は尽くせた。(ドラフト会議を)楽しみに待ちたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース