日本ハム栗山監督「伊藤は絶対欲しかった」移転後初の北海道出身選手1位指名

[ 2020年10月26日 17:59 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

苫小牧駒大の伊藤
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、日本ハムが単独で苫小牧駒大の伊藤大海投手(23)を1位指名。交渉権を獲得した。

 04年の北海道移転後、道内チーム所属選手の1位指名は06年の駒大苫小牧・田中将大(楽天が交渉権獲得)のみで同出身選手の1位指名は球団史上初。栗山監督は「伊藤は北海道出身で絶対欲しかった」と話した。

 「先発でも、勝ちきっていく確率を上げないといけない中での救援でも、どちらでもいける」と道産子右腕の能力を評価。「北海道の皆さんが待っている。優勝に必ず貢献してくれると思っている」と期待を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース