巨人1位指名の亜大・平内「菅野さんと話したい」 趣味はウエート「休みの日もしてます」

[ 2020年10月26日 18:36 ]

巨人からの指名を受け笑顔で会見する平内(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、巨人が外れ1位で亜大の平内龍太投手(22)を指名。交渉権を獲得した。指名直後に開かれた記者会見で、平内は「伝統ある球団で活躍できるように頑張りたい」と抱負を語った

――巨人のイメージは?
「伝統ある球団で強いチーム。そういうチームで自分も活躍できるように頑張りたい」

――アピールポイントは?
 「自分の強味は力のある直球。ルーキーらしく全力で攻めていきたい」

――憧れの選手は?
「憧れは元ソフトバンクの斉藤和己さん。小さい頃から目標としてきた。風格のあるエースという姿に憧れた。動画を見て、フォームをまねしたりした」

――対戦したい選手は?
 「ヤクルトスワローズの村上選手、同年代で球界を代表する選手なので対戦したい」

――プロではどのポジションで投げたいか?
「どのポジションで投げるか分からないが、チームに必要といわれる投手になりたい。自分は抑えで評価されていると思っていたが、(原監督にテレビで)先発でもと言っていただいて、どちらでも活躍したい」

――大学で右肘を手術したが?
「ケガが何度もあって投げられない期間、体幹トレーニングなど、投げられるようになったときもっといい投球が出来るようにとやってきた」

――最速は156キロだが、直球が速くなったのは?
 「全体的に体の強さにこだわった。高校では下半身、大学では上半身の強さを求めたのが球速アップに繋がったと思う」

――趣味は?
「休みの日もウエートしてます(笑)」

――巨人で話してみたい選手は?
「菅野さんと話したい。投球のとき心がけていることを聞いてみたい」

――目標に掲げる数字?
「どこで投げるか分からない。(球速)160キロは目標にしてやりたい」

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース