広島、八戸学院大・大道温貴投手を3位指名 評価急上昇のドクターK

[ 2020年10月26日 18:26 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

八戸学院大・大道温貴投手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、広島が3位で八戸学院大の大道温貴投手(21)を指名。交渉権を獲得した。

 今秋の大道は、北東北大学リーグで「ドクターK」ぶりを存分に見せつけた。36回を投げて60奪三振。9月12日には優勝した富士大に0―1で敗れたものの18奪三振をマークし、多和田(現西武)のリーグ記録に並んだ。奪三振率は驚異の15・00。最速150キロの速球を持つ右腕だが、最も自信があるのはスライダーだ。

 「納得できるボールを手に入れることができた」と話すウイニングショット。きっかけは、2学年先輩の高橋優貴だ。右左の違いはあるが、鋭いスライダーを武器にリーグ新の通算301奪三振を記録した。18年ドラフト1位で巨人に指名される姿を間近に見て「前評判ではなく、持っている実力こそが重要だと確信した」と、「圧倒的な実力=決め球の必要性」を痛感した。

 意識したのは、直球と同じ軌道から打者の手元で急激に変化するスライダー。ブルペンでは打者を立たせて練習した。「投げた自分が曲がったと思うスライダーは、変化が分かりやすい球。自分は分からず、打者だけが気づく変化を追求して試行錯誤した」。変化も縦と横の2種類ある。確実にアウトを取れる三振が増えたことで防御率は飛躍的に向上。今秋は0・25で、最優秀防御率賞に輝いた。

 尊敬する先輩・高橋を2つ上回る通算22勝の実績を残してプロの世界に飛び込む。

 ◆大道 温貴(おおみち・はるき)1999年(平11)1月20日生まれ、埼玉県出身の21歳。小学2年から野球を始める。八幡木中で捕手から投手に転向し、埼玉県選抜メンバーに選出。春日部共栄では2年春からベンチ入りし、甲子園出場なし。八戸学院大では1年春からベンチ入り。北東北大学リーグ通算22勝、防御率1.75。1メートル78、83キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース