京都国際 1年生エースの森下 最終回ピンチしのいだ! 小牧監督「壁を破ってくれた」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会準々決勝   京都国際6-5神戸国際大付 ( 2020年10月25日    わかさスタジアム京都 )

<近畿秋季大会準々決勝 神戸国際大付属・京都国際>初回先発登板する京都国際・森下(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 京都国際が、序盤のリードを何とか守り抜き、春夏通じて初の甲子園出場を確実にした。

 2回までに6点を先行もその後得点できず、じわじわ1点差まで追い上げられる苦しい展開。それでも最終回は1年生エース左腕の森下瑠大が2死一、三塁のピンチを切り抜けた。

 小牧憲継監督は「よく投げてくれた。まだ選ばれたわけではないが、子どもたちが自分らで壁を破ってくれた」とうれしそうだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース