3年連続クジ“敗退”中の阪神 矢野監督「俺がいくなら当てたいよね」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

ドラフト前日会議を終え、報道陣とのオンライン取材に応じる阪神・矢野燿大監督
Photo By スポニチ

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が、26日午後5時から、都内のホテルで開かれる。阪神の1位指名候補には早大・早川隆久投手(22)が急浮上していることが25日、分かった。矢野燿大監督(51)らが参加した前日会議では1位指名を決定せず終了したが、候補は2人に絞られた。大本命は近大・佐藤輝明内野手(21)で、他球団の入札予想次第では急転、即戦力左腕に変更する可能性もある。会議直前まで情報戦を繰り広げ、1位入札を決定する。

 【矢野監督に聞く】
 ――どのような話が
 「スカウトの皆さんの話、評価というか、そういうものを全体的に聞かせてもらって。ぼくもいろいろ映像を見てたんで、それとどうなのかというところを話させてもらいました」

 ――今年のポイントは
 「まだ明日のことなんで詳しく話せない部分が多いけど。監督としても、チーム全体としても、こういうチームをつくっていきたいという中で、来季のことをもちろん考えて、そして先のことも考えてやっている」

 ――クジは誰が
 「そういう話もまだしてないですけど。どうなんですかね。まだ決めてないです。(クジを)引きたいというか、当てたいよね(笑い)。俺がいくなら。そりゃ違う人がいっても当ててもらいたいしさ」

 ――去年は高校生中心。今年は
 「バランスがあるんでね。去年も別に初めから高校生にいこうと思ってたわけではないんで。やっぱりこれは相手、他球団もある。その中で獲りたいなって思う選手が先獲られる可能性もあるし」

 ――験担ぎは
 「俺も一応(去年)クジ当たってないんで(笑い)。当たってたら験をうまく担いでやらしてもらうけど」

 ――幸運の赤パンツは
 「履いてねえよ(笑い)」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース