DeNA・佐野 5戦ぶり4番出場も左肩負傷で交代 ラミ監督「何事もなければいいと祈っている」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3-0広島 ( 2020年10月25日    横浜 )

<D・広>8回2死一、二塁、大和の適時打で本塁を狙うも三本間に挟まれた佐野は曽根にタッチされアウト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは背中の張りから5試合ぶりに「4番・左翼」で先発復帰した佐野が、再びアクシデントに見舞われた。8回にヘッドスライディングをした際に左肩を負傷。表情をゆがめながらベンチに戻り、9回の守備から退いた。

 ラミレス監督は「トレーナーがチェックをしているが、何事もなければいいと祈っている」と話した。佐野は2打数1安打で2四球を選び、リーグトップの打率.328をキープした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース