近大・佐藤 近大野手のドラフト1位なら有藤以来52年ぶり

[ 2020年10月26日 12:00 ]

東京からドラフト1位で指名され、入団発表の席で永田オーナー(左)から帽子をかぶせてもらう近大の有藤内野手(同2人目)
Photo By スポニチ

  プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は、26日午後 5時から都内のホテルで開かれる。1位候補として多く名前が挙がっているのが近大の佐藤輝明内野手(21)と早大の早川隆久投手(22)。佐藤に関しては巨人、ソフトバンク、オリックスが指名を公表、競合となることは確実となっている。

 社会人などを経由せず、近大野球部在学時にドラフト1位指名を受けた選手(第2次ドラフト、自由獲得枠、希望入団枠を含む)は10人。だが、野手で指名を受けたのは68年に東京(現ロッテ)から指名を受けた有藤通世以来なく、佐藤が52年ぶり野手での1位指名となりそうだ。

 今では外野手として活躍する糸井嘉男(阪神)も、自由獲得枠で日本ハム入りした時には投手だった。

【近大の過去のドラフト1位選手】(外れ1位、自由獲得枠、希望入団枠含む)

66年 山下律夫(投手 大洋)第2次ドラフト
68年 有藤通世(内野手 東京)
75年 森口益光(投手 南海)
86年 西岡剛(投手 ヤクルト)
89年 酒井光次郎(投手 日本ハム)
97年 清水章夫(投手 日本ハム)
98年 宇高伸次(投手 近鉄)
03年 糸井嘉男(投手 日本ハム)自由獲得枠
06年 大隣憲司(投手 ソフトバンク)希望入団枠
08年 巽真悟(投手 ソフトバンク)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース