中日 1位入札は中京大中京・高橋を公表 与田監督「将来性含め素晴らしい評価」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

中京大中京・高橋

 中日は25日、都内でスカウト会議を開き、きょう26日のドラフト会議で中京大中京・高橋宏斗投手(18)を1位指名することを公表。与田監督が「高橋くんでいきます」と明言した。近大・佐藤や早大・早川に人気が集まっており、一本釣りの可能性もある。

 与田監督は指名理由について「レベルの高い投手。将来性も含めて素晴らしい評価を皆でしている」と説明。松永幸男編成部長も「早川くんとか即戦力がいるが、それを含めてトップクラス。将来的に見てもエースになり得る素材」と最速154キロを誇る本格派右腕に期待を寄せた。

 球団は18年に根尾、19年に石川昂を獲得。3年続けて地元出身の高校生の逸材を獲り、将来的なチームの顔として育てる方針だ。競合した際のくじ引きは2年連続で交渉権を引き当てている与田監督に託す予定。過去2年、験担ぎをしなかった指揮官は「いつも言っているが、そういうことはしません」と今年も神頼みでなく自らの腕を信じる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース