ドラフト目玉引き当てた!阪神・矢野監督にネット絶賛「今年1番の大仕事」「やっぱ最高やわ」

[ 2020年10月26日 18:00 ]

<プロ野球ドラフト会議>1位指名で近大・佐藤交渉権のくじを引き当てガッツポーズする阪神・矢野監督(左から2人目)。左からオリックス・福良GM、一人おいてソフトバンク・工藤監督、巨人・原監督(C)NPB/BBM2020
Photo By 提供写真

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、近大の佐藤輝明内野手(21)は4球団の競合の末、阪神が交渉権を獲得。指名を公表していた巨人、オリックス、ソフトバンクに加え阪神が1位指名で競合する中、ドラフトの目玉を矢野監督が引き当てネット上は大盛り上がり。ドラフト関連ワードの多くがツイッタートレンド入りするなか、阪神からは「佐藤くん」が上位に急浮上した。

 矢野監督は交渉権を獲得すると右手を挙げてガッツポーズ。するとSNSでは「矢野監督 今年1番の大仕事」「矢野監督やっぱ最高やわ!!」「矢野監督よくやった」「矢野監督、引きよった!」など矢野監督に賛辞の嵐。さらに「阪神珍しくドラフト1位指名佐藤輝明(近畿大)取った」「阪神ドラフトの連敗ストップ」「佐藤くんの指名権獲得できただけで、今年のドラフト大満足ですわ」など興奮を隠せない阪神ファンから喜びの声が多く挙がった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース