【ソフトバンクドラフト総括】「能力高い」野手を補強 花咲徳栄・井上ら5人全員高校生指名

[ 2020年10月26日 20:32 ]

マネジャー手作りの帽子をかぶり、野球部員とともに記念撮影に収まる花咲徳栄・井上(中央)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・永井智浩編成・育成部長兼スカウト室長は、今ドラフトについて「80~90点は付けられると思う」と総括した。

 1位指名の近大・佐藤は抽選で外したが、右の大砲として期待できる花咲徳栄・井上を1位で単独指名。2~5位まで全て高校生を指名し「野手の補強がチームの課題。スカウトから見て能力の高い選手を指名した。(井上は)走攻守でレベルの高い選手」と話した。育成ドラフトで8選手を指名したことについては「一芸に秀でた、特長を持った選手」と満足そうだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース