楽天・小深田 マルチ&2打点 15戦連続安打で新人王へスパート

[ 2020年10月26日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天13―4日本ハム ( 2020年10月25日    楽天生命 )

<楽・日>2回、適時打を放つ楽天・小深田(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 新人王は譲らない。楽天の小深田は物静かな性格だが、プロ野球人生で一度しか手にできない勲章への執念を燃やす。2安打2打点の活躍で大勝に貢献。15試合連続安打とし、打率を.291に上昇させ「やっぱり一回しか獲れないタイトルなので、そこは目指したい」と言い切った。

 俊足好打の内野手として、昨年のドラフト会議で1位指名を受けた。「本当に指名されるのか不安だった」と振り返るが、今やチームに欠かせない正遊撃手。23日には規定打席にも到達し「自信になる。1軍で活躍するのが目標だったので」と胸を張った。

 パ・リーグ新人王の最有力候補だ。打率はリーグ6位で16盗塁は同7位。西武・平良やロッテ・安田との争いで頭一つ抜け出しつつある。チームは4位からの逆転CSを目指しており「ポストシーズンは雰囲気も違うと思うけど、その中でプレーしたい」。残り11試合。1番打者として最後までチームを引っ張る。(重光 晋太郎)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース