広島・佐々岡監督 社会人№1右腕・栗林の1本釣りに喜び「森下と同じ活躍をしてくれると思う」

[ 2020年10月26日 17:59 ]

広島・佐々岡真司監督
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、広島が1位でトヨタ自動車の栗林良吏投手(24)を指名。交渉権を獲得した。昨年のドラフト1位・森下暢仁投手(明大)に続く1本釣りとなった。

 ▼広島・佐々岡監督 栗林くんを指名できてすごくうれしい。競合を覚悟していたし、緊張感を持って見ていた。直球の強さ、変化球の精度、コントロール…すべてが素晴らしい。先発、リリーフ、どこでもできる。去年獲得したは森下と同じ活躍をしてくれると思う。会うのが楽しみです。(ゲン担ぎは)シーズン中なので去年ほど準備ができなかったけど、今年は赤いパンツで来ました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース