角田が自己最高7位、フェルスタッペン終盤のクラッシュ ペレスが今季初V F1アゼルバイジャンGP

 F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝は6日行われ、アルファタウリ・ホンダのルーキー角田裕毅が自己最高の7位に入った。開幕戦バーレーンGPの9位を上回り、2度目の入賞でポイントを獲得した。

2021年6月6日 23:32

ニュース一覧を見る フォト一覧を見る
もっと見る