“乗ってる”ノリスが初のPP サインツ2番手 ラッセル3番手 角田は13番手

 前戦イタリアGPで自己最高の2位に入ったマクラーレンのランド・ノリス(英国)が1分41秒993でキャリア初のポールポジション(PP)を獲得した。フェラーリのカルロス・サインツ(スペイン)が2番手、ウィリアムズのジョージ・ラッセル(英国)が3番手。雨がやみ、予選3回目(Q3)の途中で路面がドライに変わる中、タイヤ交換のタイミングが順位を左右した。今季総合2位につけるメルセデスのルイス・ハミルトン(メルセデス)はタイヤを交換しての最終アタックが遅れ、4番手だった。

2021年9月25日 22:20

ニュース一覧を見る フォト一覧を見る
もっと見る