【オリックスドラフト総括】将来のエース&4番獲得 福良GM「バランス良く取れた」

[ 2020年10月26日 21:01 ]

オリックスの福良GM                
Photo By スポニチ

 オリックスの福良淳一GMはドラフト会議終了後に代表取材に応じ、「1位は(近大・佐藤を)外してしまったけど、良いドラフトだったと思う」と手応えを口にした。

 外れ1位には福岡大大濠・山下、2位には中京・元を指名。将来のエース&4番候補と言える好素材の交渉権を獲得し、「100点ではないけど、それに近い指名ができた。バランスも良く取れた。(クジは)“当てる”と言って出ていったんですけどね。外してしまったけど、高校生の中ではトップクラスの投手を取れた」と振り返った。

 チームの今季得点はリーグ最少で、得点力不足の解消は重要事項。特に三塁と中堅は固定できておらず、元の起用方法は気になるところだが、福良GMは「本人と話してみて、どういう考えをもっているか聞いてみてから。球団としての話もしていきたい」と語るに留めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース