さあドラフト!各球団 補強ポイントはここだ!セ・リーグ編

[ 2020年10月26日 06:15 ]

早大・早川隆久投手(左)と近大・佐藤輝明内野手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は、26日午後5時から都内のホテルで開かれる。近大・佐藤輝明内野手(21)は巨人、ソフトバンク、オリックスが1位指名を公表。早大・早川隆久投手(22)はロッテとヤクルトが1位指名を公表したが、各球団の補強ポイントをまとめた。

 ≪巨人 長打力のある外野手と先発投手が補強ポイント≫補強ポイントは長打力のある外野手と先発投手だ。外野手はチームの野手最年長38歳の亀井と31歳の丸。25歳の松原らが急成長を見せているが、戦力底上げは必須だ。佐藤は本職は三塁手ながら、外野手で2年春にベストナインに選出されたことを評価。外れた場合は、即戦力の先発投手を指名する

 ≪中日 大野雄の動向不透明で投手力強化最優先≫エース大野雄がFA権を取得し今後の動向は不透明。最速154キロの高橋は大学、社会人に引けを取らない素材と評価している。18年に根尾、19年に石川昂と地元出身の高校生野手を1位指名した。高橋にも将来のチームの顔として期待。一本釣り濃厚も万が一、逃した場合は投手力強化が最優先

 ≪阪神 将来の主軸候補は内野を守れる大砲≫必要な新戦力は将来の主軸候補。野手の補強ポイントは内野を守れる大砲になる。すでに一、三塁に加えて外野も守れる大山がいるが、大山以外に長打力のある内野手が不在。近大・佐藤は地元の兵庫県西宮市出身でもある。一方で即戦力左腕獲得も重要課題で、法大・鈴木らも有力候補


 ≪DeNA 東と今永が手術…即戦力投手が狙い≫「左腕王国」と呼ばれながら今季は東と今永が手術に踏み切り、思い描いた先発ローテーションが組めなかった。来季開幕も不透明な状況となっており、大学No.1左腕の早大・早川獲得を目指す。逃した場合も、1年目からローテーション入りが期待できる即戦力投手が最優先で慶大・木沢を候補に

 ≪広島 投手陣の再建が課題≫リーグ5位の防御率4.30が示す通り、投手陣の再建が課題。大瀬良、野村が故障離脱した先発陣、抑えの不振から終盤に逆転を許した救援陣、いずれも人材不足。巻き返しには欠かせない即戦力投手として、社会人No.1右腕のトヨタ自動車・栗林獲得を目指す。競合の場合も、投手の補強が最優先

 ≪ヤクルト 先発ローテ入りできる即戦力投手獲得必至≫今季のチーム防御率は現時点で12球団ワースト。先発陣は駒不足が顕著で、小川の10勝が最多。期待の外国人投手が外れたことも響いた。1年目から先発ローテーションに入れる能力を備える早川は弱点を補う。外れ1位も実力派の最速156キロ右腕を挙げ、来季浮上の鍵となる投手補強を狙う

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース