ロッテ、法大・鈴木昭汰投手を外れ1位指名 MAX152キロ、早川にも劣らぬ六大学屈指の左腕

[ 2020年10月26日 17:43 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

法大の鈴木昭汰投手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議が26日に東京都内で開催され、外れ1位で法大の鈴木昭汰投手(22)をロッテとヤクルトが重複指名。ロッテが抽選で交渉権を獲得した。

 鈴木は最速152キロの直球にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球も操る本格派左腕で、今秋リーグ戦はここまで6試合で1勝2敗、防御率0・84の好成績。早大の早川にも負けない能力の持ち主で、複数の球団がマークしていた。

 今月3日の早大戦では、早川と投げ合い、8回まで0-0という投手戦を展開。9回に足がつるアクシデントもあり、決勝点を奪われて8回2/3で降板し、「絶対投げきるつもりだったのに…でも結果がすべて」と肩を落とした。だが、早川と同じ13三振を奪うなど、改めて能力の高さを示した一戦でもあった。

 高校時代から早川や高橋昂也(花咲徳栄、現広島)、大江竜聖(二松学舎大付、現巨人)とともに左腕の四天王として注目された実力派。「早川は自分にないものを持っている」と認めているが、プロでも早川と“ライバル物語”に注目が集まりそうだ。

 ◆鈴木 昭汰(すずき・しょうた)1998年(平10)9月7日生まれ、茨城県出身の22歳。土浦四中では土浦霞ケ浦ボーイズに所属し、U―15日本代表入り。常総学院では春夏3度甲子園に出場し、16年夏はエースで8強入りした。法大では17年秋に1年でデビューし、大学日本代表候補にも選出された。リーグ戦通算3勝4敗。1メートル75、81キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース