ソフトバンクが慶大・佐藤宏樹を育成1位で指名 ドラフト直前にトミー・ジョン手術した151キロ左腕

[ 2020年10月26日 19:35 ]

プロ野球のドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

慶大・佐藤宏樹
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、ソフトバンクが育成1位で、今月に左肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた慶大の151キロ左腕・佐藤宏樹(21)を指名。交渉権を獲得した。

 プロ志望届を9月下旬に提出した佐藤。東京六大学リーグで1年秋に最優秀防御率のタイトルを獲得したが、肘痛に悩まされてきた。今夏にいったん実戦復帰したものの、再び違和感を訴えて離脱。将来を見据え、手術を決断した。復帰まで1年以上を要する手術だけに各球団の判断に注目が集まっていた。

 ◆佐藤 宏樹(さとう・ひろき)1999年(平11)2月18日生まれ、秋田県出身の21歳。小4から野球を始める。大館一中野球部を経て、大館鳳鳴に進学。入学時は1年夏から一塁手でベンチ入りし、1年秋から投手。甲子園出場はなし。慶大では1年春からリーグ戦出場。1メートル81、79キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース