【西武ドラフト総括】辻監督満足「90点」 ハマのおかわり指名は「中村と山川とBIG3で」

[ 2020年10月26日 20:40 ]

ドラフト会議に臨む西武・辻監督(C)NPB/BBM2020
Photo By 提供写真

 ドラフト会議を終えた西武・辻発彦監督が同会議を総括した。「まあ1位(早大・早川)は外したけど、渡部君を取れて90点くらいのドラフトができたという評価です」と明かした。

 外れ1位で指名した1メートル76、113キロの「ハマのおかわり」桐蔭横浜大・渡部健人内野手については、「いいんじゃない。中村と山川と“BIG3”で。西武らしくてね」と笑顔を見せた。5位では準硬式出身の福岡大・大曲錬投手も指名。「(硬式で)行けるという判断。期待している」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース