ヤクルト・高津監督「最後に審判に“投手、五十嵐”って告げられたのも凄く幸せ」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1-5中日 ( 2020年10月25日    神宮 )

<ヤ・中>引退セレモニーで高津監督(右)から花束を受け取る五十嵐(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・五十嵐の降板時にマウンドで抱き合った高津監督は「オンステージでいつ終わるんかと思ったけど、彼らしくしっかり締めた。いいあいさつだった」と笑った。

 現役時代はともにブルペンを支えた間柄で「最後に審判に“投手、五十嵐”って告げられたのも凄く幸せでした」。現役時代に「ロケットボーイズ」の愛称でセットアッパーコンビを組んだ石井投手コーチは五十嵐と肩を組んでクラブハウスに引き揚げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース