ボクシング東京五輪存続へ IOC理事会で方針

 国際オリンピック委員会(IOC)は22日、スイスのローザンヌで理事会を開き、2020年東京五輪の実施競技から除外も含めて検討したボクシングを存続させる方針を決めた。6月下旬の総会で最終決定する。組織運営や財政状況で問題を抱えていた国際ボクシング協会(AIBA)にはIOC承認団体の資格停止処分を科す見通し。

2019年5月23日 05:30

ニュース一覧を見る
もっと見る