巨人、育成6位の唐津商・坂本勇人「坂本選手は偉大な選手。その名に恥じないよう頑張る」

[ 2020年10月26日 22:56 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

巨人の坂本勇人(右)と、唐津商の坂本勇人
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、巨人が育成6位で唐津商の坂本勇人(さかもと・はやと)捕手(18)を指名した。

 巨人にはすでに、誰もが知る坂本勇人内野手(31)がおり、入団となれば同一球団に同姓同名の選手が所属することになる。

 唐津商の坂本勇人捕手が誕生した時に、坂本内野手はまだ13歳のため、もちろんその名をもらったわけではなく、曾祖父の「勇」から1文字をもらっての命名とのこと。巨人が交渉権を獲得するとネット上でも話題となり、「坂本勇人」がツイッタートレンドで1位に浮上した。

 指名を受けた坂本勇人は「指名されてうれしい。坂本選手は偉大な選手。自分もその名に恥じないように頑張っていきたい」とプロでの活躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース