阪神 1位入札で早大・早川急浮上! 本命は近大・佐藤も意見真っ二つ 他球団次第で急転も

[ 2020年10月26日 05:30 ]

<立大・早大>7回2死二、三塁のピンチを切り抜け仲間の好守をたたえながらベンチを出る早大・早川(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が、26日午後5時から、都内のホテルで開かれる。阪神の1位指名候補には早大・早川隆久投手(22)が急浮上していることが25日、分かった。矢野燿大監督(51)らが参加した前日会議では1位指名を決定せず終了したが、候補は2人に絞られた。大本命は近大・佐藤輝明内野手(21)で、他球団の入札予想次第では急転、即戦力左腕に変更する可能性もある。会議直前まで情報戦を繰り広げ、1位入札を決定する。

 結論はドラフト当日に持ち越された。近大・佐藤が大本命と目されてきたが、ここに来て早大・早川が1位指名候補に急浮上していることが判明。球団内での意見は真っ二つに分かれているとみられ、1時間30分に及んだ前日のスカウト会議では決定に至らなかった。即戦力野手と同等の評価となっているのが即戦力左腕。会議後に矢野監督は不敵な笑みを浮かべた。

 「全部欲しいけど。そういうわけにはいかない。(1位の決定は)まだやろ。決め手は球団の方針というか気持ちもあるし、俺の気持ちもある」

 スバリ選択肢は二つだ。佐藤は走攻守の3拍子そろった規格外の大砲。打撃では関西学生野球リーグ新記録の14本塁打を記録した。一方、守備でも内野が本職ながら、18年春には外野でベストナインを受賞した経歴を持つ。チーム編成に目を向ければ、外野のレギュラーは近本のみ。長年にわたり猛虎を支えてきた福留は今季限りでの退団となり、近大の先輩でもある糸井は来季が40歳のシーズンとなる。将来を見据えるうえでも、補強ポイントに合致する意中の一人だ。

 「評判通りパワーもあるし、身体能力も高い。本当に魅力ある」

 指揮官も佐藤を高く評価した。リーグ最終戦となった19日の関大戦では、阪神は今季最多の9人態勢で最終チェック。1位候補の大本命であることに変わりはない。

 その一方で、即戦力左腕もまた、来季の巻き返しに欠かせない補強ポイントとなる。現状で先発ローテーションの一角を担う左腕は高橋のみ。規定投球回に到達したのも、16年の岩貞と能見が最後だ。台所事情から、その岩貞とともに岩崎も今季は中継ぎとしてスタンバイ。一時代を築いた能見も今季限りでの退団が決定するなど先発左腕が不足しているのは明らかだ。

 この日の登板はなかったが、前日の立大戦では12奪三振で完封した。先発としては4戦連続2桁奪三振。最速155キロと実力は申し分なく、獲得できれば課題は解消される。会議後、矢野監督が「俺の気持ちもある」とヒントを明かした存在も、早川とみられる。

 情報戦が展開される他球団の動向を見極めながら、直前まで議論を重ねることを確認した。球団内のシミュレーション、入札予想がカギを握る今ドラフト。佐藤か、それとも早川か――。猛虎の未来がかかる「10・26」に注目だ。 (山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース