早大・早川 4球団競合に「評価してもらってうれしい」 楽天の印象は「投手陣も打撃陣も強力」

[ 2020年10月26日 20:02 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

笑顔でポーズを取る早大・早川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 早大・早川隆久投手(22)が26日、東京都西東京市の野球部室内練習場で会見を行った。

 ドラフト1位指名はロッテ、楽天、ヤクルト、西武の4球団が重複したすえに、楽天が交渉権を獲得。寮の自室でテレビを見ていたという155キロ左腕は「率直な気持ちは、ここまで評価してもらって指名されてうれしい」と話した。

 今ドラフトの目玉。会見場にはテレビカメラ10台がズラリと並び、約80人の報道陣が集結した。

 楽天の印象は「投手陣も打撃陣も強力。自分もチームになじめるような選手になれれば」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース