野球

 さらば、鉄人――。元広島で2215試合連続出場の日本記録を持つ衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が23日夜、上行結腸(じょうこうけっちょう)がんのために都内で死去した。関係者が24日に明かした。71歳だった。この日、都内で通夜が営まれ、葬儀は25日に近親者のみで執り行う。お別れの会は未定。広島の黄金期を支え、87年には国民栄誉賞も受賞した「鉄人」の訃報に野球界は悲しみに包まれた。

記事全文

広告:

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月25日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム