中日2位指名の日体大・森 目標は元中日の中里氏「保育園のころサインもらった」

[ 2020年10月26日 18:28 ]

<日体大・森>中日から2位指名され野球部員から祝福される森(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日体大の森博人投手(22)は26日、プロ野球ドラフト会議で中日から2位指名を受けた。横浜市青葉区の健志台キャンパスで会見を行い、「ほっとした。その気持ちが1番強い。わくわくもあったけれど、会場入ってカメラを見て緊張感もあった」と喜びを語った。

 スリークオーターから最速155キロの直球にカーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、ナックルを操る即戦力右腕。首都大学リーグ4年間で30試合に登板し、防御率1・39。投球回数93回1/3を上回る105三振を奪った。4年秋は3戦2勝、防御率0・47と圧倒的な成績を残した。

 名古屋市出身。目標は幼少期に見た中日・中里篤史(現巨人スコアラー)。「保育園のころに2軍戦を見たときに、けがしていてスタンドにいらっしゃって、サインをもらった。1軍で投げている姿を見て、こういう投手になりたいと思った」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース