オリックス、中京・元謙太外野手を2位指名 驚異的なスイングスピード誇る右の大砲

[ 2020年10月26日 18:10 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

中京の元謙太外野手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、オリックスが2位で中京(岐阜)の元謙太外野手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 「野手で勝負したい」と明言する元は、将来の中軸を担える可能性を秘めた逸材といえる。1メートル86、85キロの恵まれた体格から驚異的なスイングスピードで放たれる打球は高校生としては異次元のレベル。阪神の熊野輝光スカウトは「巨人の坂本と岡本を足して2で割ったような選手。体にバネがあるし、右の大砲候補として非常に魅力的」と球界を代表する2選手の名前を挙げ、絶賛した。

 「勝負強い打撃が持ち味」と話すように、昨夏の甲子園大会では準々決勝・作新学院戦で逆転満塁弾を放ち4強入りに貢献した。今夏は投手に外野手、そして遊撃手もこなすなど抜群のセンスを誇る。岐阜大会では惜しくも決勝で敗れたが「100%の力を出し切ったし完全燃焼できた」と涙はなし。今は黙々とバットを振り続ける毎日を過ごしている。

 ◆元 謙太(げん・けんだい)2002年(平14)5月17日生まれ、岐阜県多治見市出身の18歳。1メートル86、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース