ソフトバンク工藤監督、花咲徳栄・井上1位指名に「スケールの大きい打者になって」

[ 2020年10月26日 18:06 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

花咲徳栄・井上朋也内野手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、ソフトバンクが外れ1位で花咲徳栄(埼玉)の井上朋也内野手(17)を指名。交渉権を獲得した。これで花咲徳栄から6年連続指名となった。

 ソフトバンク工藤監督は「三拍子揃った能力の高い三塁手。将来、中軸を打てるスケールの大きい打者になってもらいたい。うちの松田選手のように明るく引っ張っていく、そういう選手になってほしい」と期待した。

 ◆井上 朋也(いのうえ・ともや)2003年(平15)1月28日生まれ、大阪府四條畷市出身の17歳。1メートル81、88キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース