楽天 ドラフト“超目玉”早大・早川の交渉権獲得!ネット歓喜「ありがとう石井GM」「くじ運つよい」

[ 2020年10月26日 18:48 ]

笑顔でポーズを取る早大・早川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、早大の早川隆久投手(22)はヤクルト、楽天、西武、ロッテが1位指名。4球団の競合の末、楽天が今ドラフトの超目玉となった左腕の交渉権を獲得。ドラフト関連ワードの多くがツイッタートレンド入りするなか、楽天からは「早川くん」「石井GM」などが上位にランクインした。

 左手で当たりくじを引き、大役を終えた楽天の石井一久GMは「現役時代の“勝負の左”なので、今日は絶対に左手でなんとか、皆さんの思いもあるので、頑張りました」と安どの表情。SNSでは「早川楽天きたあああ」「早川取れたのはでかい!!」「ありがとう石井GM」「GMくじ運つよい」など喜びの声が多く挙がった。

 一方で「早川楽天と聞いて泣いてる」「早川無理やったかぁ」「早川欲しかった」「早川ショック」など指名権を獲得出来なかった他球団ファンの落胆の声も多かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース