広島 今季6度目の零敗も光明は中村祐 2回以降完全投球で防御率2・08の安定感

[ 2020年10月26日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0-3DeNA ( 2020年10月25日    横浜 )

<D・広24>広島先発の中村祐(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島は、今季6度目の零敗に終わり、中村祐が6回1失点ながら3敗目を喫した。初回に単打2本で2死一、三塁とされ、宮崎に許した右前への先制適時打が決勝点となった。

 2回以降は完全投球と修正し、今季最多に並ぶ7奪三振。「何とか粘り強くと切り替えられた。低めに投げ切ろうと思った結果だと思う」。自身3連勝で止まるも、今季6試合で防御率2・08の安定感。佐々岡監督は「球の質、腕の振りといい形なので、しっかりと続けてほしい」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース