【阪神ドラフト総括】矢野監督大満足「かなり100点に近い」 昨年と一転、今年は即戦力重視

[ 2020年10月26日 20:27 ]

<プロ野球ドラフト会議>1位指名で近大・佐藤の交渉権を獲得し笑顔の阪神・矢野監督(cNPB/BBM2020)
Photo By 提供写真

 地元出身のスーパースター候補、近大・佐藤輝明外野手(21)を4球団競合で引き当てた阪神にとっては大満足のドラフトとなった。

 矢野監督は「かなり100点に近い。高校生の取りたい選手が取れなかったというマイナスはあるにしても、この順位でこの選手を取れたんだというのもあるんで」と上機嫌で振り返った。

 昨季は6人中、上位5人(育成除く)が高校生という異例の指名になったが、今年は一転、8人中、7人が大学、社会人の即戦力。谷本修球団本部長は「今年は即戦力重視の中で、投手も獲れましたし。内野手、捕手というところも非常に大事なポジションですので、そこもほぼ想定通り獲れたんで良かった」と手応え十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース