五輪

 スケートボードの日本選手権は20日、新潟県妙高市のJWSCバタフライボウルでパークが行われた。予選上位8人による決勝は3回の演技の最高点で争い、男子は笹岡建介(19)が76・67点で優勝。池田大亮(17)が73・67点で2位、スノーボードの平野歩夢の弟・海祝(かいしゅう、15)は55・00点で…

記事全文

広告:

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪