成瀬國晴選 タイガース川柳大賞

◆成瀬 國晴(なるせ・くにはる)
1936年大阪市生まれ。イラストレーターとして、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、商業デザインなど幅広い分野で活躍。レポーター、番組司会者、コメンテーターとしての顔も持つ。 日本漫画家協会会員、宝塚大学講師。大阪府知事文化功労者表彰。第24回上方お笑い大賞審査員特別賞受賞。2007年大阪市市民表彰(文化功労者部門)、関西ディレクター大賞・特別賞受賞。
成瀬國晴HP【成瀬國晴どっとcome

タイガース川柳2021(10月最終週 週間賞&月間賞)

[ 2021年11月2日 08:00 ]

タイガース川柳 月間賞
Photo By スポニチ

 <月間賞>

こんなにも 胸躍る秋 令和三
  (京都府京丹後市 金森 恵里)

 <週間賞>

最多勝 それでも2位の タイガース
   (兵庫県西宮市 やぶちゃん)

 <佳作>

最後まで 試合楽しみ ありがとう
   (大阪府吹田市 西山 嘉員)

君が来て 知った色んな 新記録
   (大阪府摂津市 前川 照男)

ぼく泣いた 来季は絶対 挑超頂
   (愛知県豊橋市 高橋 記史)

ええ夢の 次は現(うつつ)の 日本一
(和歌山県かつらぎ町 窪田 泰壽)

 【講評】選考委員長・成瀬國春(イラストレーター)

 近畿に木枯らし1号が吹いた23日、首位ヤクルトは巨人に負けて3連敗となった。阪神は広島とは引き分けたが、2試合を残して、その差は7厘でゲーム差なし。

 24日、佐藤輝の66日、92打席ぶりの24号3ラン弾は景気づけにはもってこいの一発で、これでいけると思ったが、巨人がこけてM2になった。

 そして26日のラストゲームは中日に勝ちを譲った。
 ヤクルト、セ・リーグ優勝。

 やぶちゃんが詠む不満句は、セ、パ両リーグを通じて最多勝の77勝56敗10分けの貯金21なのに……となる。

 西山嘉員さんからは、143試合余すところなく楽しんだと感謝句が来た。

 いろいろあったが切り替えが早い虎ファン。前川照男さんの句は、新人佐藤輝選手の三振と本塁打の新記録のものだろう。

 泣いて切り替え来季を見る11歳の高橋記史くんの上5が効いたね。

 窪田泰壽さんが多くのCS句の中から選ばれたのは、西山嘉員さんと同じく、夢を楽しんだあとの現実を期待するからだ。

 今年もたくさんの投句をいただきありがとうございました。今季のタイガース川柳を終了します。なお、日本シリーズ終了後に今年の年間大賞を決定する予定です。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る