DeNA、中大・牧を2位指名 大学侍4番 大学No.1右の長距離砲

[ 2020年10月26日 18:09 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

中大の牧
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、DeNAが2位で中大の牧秀悟内野手(22)を指名。交渉権を獲得した。

 牧は右の長距離砲としてアマ球界No.1の評価を受ける。柔らかいバットさばきで広角に長打を打つ打撃が持ち味。3年生で侍ジャパン大学代表に選出された昨年の日米大学野球では3、4番を任され本塁打も記録。その後のリーグ戦では打率・361、1本塁打でリーグ最多の14打点。チームを30季ぶりの優勝に導き、最高殊勲選手を獲得した。

 二塁手であることも評価を上げる要因の一つになっている。2年秋に遊撃でベストナインも3年春から二塁転向。不安定な体勢からでも正確なスローインができる体の強さがある。

 牧は今年3月のDeNAとのプロアマ交流戦で2本の適時打を含む3安打を放った。8月には巨人との同交流戦で19年に8勝を挙げた桜井の直球を捉え右翼席へ一発。プロの投手相手にも対応力を示した。アマNo.1の長距離砲が、プロの世界でも本塁打量産を目指す。

 ◆牧秀悟(まき・しゅうご)1998年(平10)4月21日生まれ、長野県中野市出身の22歳。中野小1年からキングアニマルズで野球を始め内野手兼投手。南宮中で長野若穂シニアでプレーし3年春に全国大会出場。松本第一では1年春からベンチ入りも甲子園出場なし。中大では1年春からリーグ戦出場し3年春に首位打者、同秋にMVP。1メートル78、93キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース