西武・辻監督“ハマのおかわり”桐蔭横浜大・渡部1位指名に「ウチのキャラクターに合っていていい」

[ 2020年10月26日 18:25 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

西武から1位指名された桐蔭横浜大の巨漢・渡部健人はチームメートから祝福される(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議が26日に東京都内で開催され、西武が外れ1位で桐蔭横浜大の「ハマのおかわり」こと渡部健人内野手(21)を単独指名。交渉権を獲得した。

 渡部は1メートル76、112キロのスラッガーで、22日現在、神奈川大学秋季リーグ戦では9試合でリーグ記録に並ぶ8本塁打と大学最終シーズンで覚醒。50メートルを6秒3で走り、内野守備でも華麗なグラブさばきを見せ、巨漢ながら俊敏性も備える。

 辻発彦監督は「渡部君は映像でしか見てないけど、渡辺GM、スカウト陣も素晴らしいと言っていた。長打力もあるし、柔らかい打撃もできる。(1メートル76、113キロの体型手で)ウチのキャラクターに合っていていいじゃない。三塁だったり、一塁だったりに取り組んでもらいたい。縁があってウチに入る。楽しみにしている」と期待した。

 ◆渡部 健人(わたなべ・けんと)1998年(平10)12月26日生まれ、横浜市出身の21歳。小1から野球を始め、中学時代は中本牧シニアでプレー。日本ウェルネス時代は甲子園出場なし。桐蔭横浜大では1年春からレギュラー。1メートル76、112キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース