福岡大大濠・山下 オリックス1位指名に「授業の5限目から緊張して7限目は最高潮に」

[ 2020年10月26日 18:08 ]

<福岡大大濠・山下>オリックスから1巡目指名された山下は新人王と書き込んだ色紙と中嶋監督代行の写真を手に笑顔(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 福岡大大濠の山下舜平大投手(3年=18)が26日、同校の会議室で会見を行った。

 オリックスから1位指名を受けたことに「緊張していたが、あっという間でした。少し驚いてます。授業の5限目から緊張して7限目は最高潮に達していました。今は、多くの記者さんの前で別の緊張しています。マウンドより緊張します」と、マスク越しに太い眉毛を動かした。

 1メートル89の長身から最速153キロの大型本格派右腕。持ち球は直球とカーブのみだが素材、将来性ともに抜群だ。オリックスの印象について問われると「山本由伸投手や野手もすばらしい、偉大な先輩方がおられる。その環境で、いろんな経験をして吸収して行きたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース