DeNA、横浜・松本隆之介投手を3位指名 最速152キロの長身左腕

[ 2020年10月26日 18:24 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

横浜・松本
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、DeNAが3位で横浜の松本隆之介投手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 ポテンシャルの高さは誰もが認めるところだ。1メートル88の長身に長いリーチを生かして繰り出す速球は最速152キロを誇る。全国屈指の名門で1年春からベンチ入りした松本を高校生No・1左腕と称する声も多い。

 2年春の選抜1回戦・明豊戦で甲子園デビューを飾り、及川(現阪神)の後を受け3回途中から登板も相手の流れを止めることができず。2回1/3を投げ5安打5失点で初戦敗退し以降、聖地を踏むことはかなわなかった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の甲子園大会は中止。「へこんだ時期もあったけれど(時間がたつにつれ)ふっ切れた。プロという目標に向かって頑張ろうと」と気持ちを必死に切り替えた。自粛期間中は体作りを意識して食事量を増やした。「とにかく空腹を感じる時がないようにしていた」と自ら料理レシピサイトを参考にして食事を作ったという「料理男子」な一面もみせ、体重は昨夏から7キロアップの84キロに。体重増とともに球速も増し神奈川大会の前には自己最速を更新する152キロを計測するまでになった。

 独自大会では3試合で計9イニングを投げ自責1。先発した準々決勝・三浦学苑戦では5回1失点で、同じくドラフト候補右腕の木下幹也にバトンを渡したが、まさかの逆転負け。「勝負の怖さ」を最後の最後に経験した。全ての悔しさをプロで大成するための糧とする。

◆松本 隆之介(まつもと・りゅうのすけ)2002年(平14)7月31日生まれ、神奈川県横浜市出身の18歳。小1から野球を始め外野手。名瀬中では戸塚シニアでプレーし3年夏に全国大会出場。横浜では1年春からベンチ入りし2年春に甲子園出場。2年時に高校日本代表1次候補入り。1メートル88、84キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース