オリックス 6年連続のBクラス 7失点の張奕に中嶋監督代行「これが経験のなさ」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-10ロッテ ( 2020年10月25日    京セラドーム )

<オ・ロ23>    5回7失点で敗戦投手の張   (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 オリックスは、10失点の大敗で4位以下が確定し、6年連続Bクラスに沈んだ。

 誤算は先発の張奕(チョウヤク)で5回を投げ、いずれも自己ワーストの11安打7失点。3回1死二、三塁で福田秀のゴロを二塁手・福田がそらし、カバーした遊撃・安達も一塁悪送球と2失策で2者が生還するなど拙守も絡んだが、踏ん張れなかった。

 中嶋監督代行は「球自体は悪くないと思ったが精度の問題ですかね。これが経験のなさというか、甘かったといいますか」と修正を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース