DeNA“一本釣り”の明大・入江「非常に心強い」佐野、伊勢と“共闘”誓う

[ 2020年10月26日 19:23 ]

DeNA指名1位の喜びを語る明大・入江大生投手 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた明大の入江大生投手(22)が26日、都内の野球部合宿所で会見を開いた。テレビ中継を見守りながら、待ちに待った運命の瞬間を迎えた。“一本釣り”でDeNAとの交渉権が確定すると安堵(ど)の笑みを浮かべた。

 即戦力としてドラフト1位という最大級の評価を受け「まさか1位で指名していただけるとは思わなかった。ホッとした気持ちと自覚と責任を感じた」と表情を引き締めた。また、DeNAについては「キャプテン(佐野)は明大出身。1学年先輩の伊勢投手もいるので、非常に心強い。活気のある人気の入団」との印象を語った。

 スケールの大きさが魅力の最速153キロ右腕。「開幕1軍を目指してやっていきたい。応援される選手になりたい」と目標を掲げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース