ギャンブル

 伝説の米国最強馬セクレタリアトの輝き!?鈴木康弘元調教師がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。混戦ムードの第157回天皇賞・春(29日、京都)では昨年のジャパンC優勝馬シュヴァルグランを95点でトップ評価した。前走・大阪杯では13着に大敗したが、達眼が捉えたのは一変を告げる栗毛の張りと輝きだ。

記事全文

ニュース

おすすめコンテンツ

スポニチ競馬

スポニチ競馬

今週のレース

今週の重賞ニュース

スポニチ競馬 Twitter & Facebook

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:04月25日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース