ソフトバンク、日大藤沢・牧原巧汰捕手を3位指名 強肩強打の“森友哉2世”

[ 2020年10月26日 18:26 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

日大藤沢・牧原
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、ソフトバンクが3位で日大藤沢の牧原巧汰捕手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 牧原は強肩強打の捕手で「森友哉2世」の呼び声が高い。二塁送球完了タイムは1秒8台で左打席から高校通算27本塁打を放った。投手の左右に関係なく広角に打てる技術を持ち「日本を代表する捕手になりたい。西武の森さんにすごく憧れています」と目標に掲げる。

 今夏の神奈川大会初戦の慶応湘南藤沢戦では送球を顔面に受け鼻から出血するアクシデントに見舞われながら、8回に右越えに決勝弾を放つなど不屈の闘志も併せ持つ。元中日・山本昌氏の実弟で、自身も捕手として社会人野球までプレーした山本秀明監督は「真面目で一生懸命練習する。とにかく体が頑丈」と評した。

 「1番捕手」として攻守ともにチームの中心を担った。甲子園出場こそないが、高校No・1捕手として注目を集める。

◆牧原巧汰(まきはら・こうた) 2002年7月13日生まれ。神奈川県相模原市出身。1メートル76、80キロ 右投げ左打ち

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース