広島育成1位の磐田東・二俣翔一 ターゲットは周東「捕手として足の速いプロの選手を刺せるように」

[ 2020年10月26日 20:13 ]

磐田東・二俣翔一捕手
Photo By スポニチ

 磐田東の二俣翔一捕手(18)が26日、同校で会見を行い、広島の育成1位指名に「とにかく指名されてうれしい。一日も早く支配下登録されて1軍に入れるように」と意気込んだ。

 遠投120メートルの鉄砲肩に加え、二塁への送球タイムは最速1・79秒強肩が武器。捕手として対戦してみたい選手にはソフトバンクの周東佑京内野手(24)を挙げ、「捕手として足の速いプロの選手を刺せるように」と語気を強めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース