DeNA1位は明大・入江 伸びしろ十分153キロ右腕を1本釣り 甲子園で3戦連発も

[ 2020年10月26日 17:20 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

DeNA指名1位の喜びを語る明大・入江大生投手 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、DeNAが1位で明大の入江大生投手(22)を指名。交渉権を獲得した。

 バットで甲子園を沸かせた男が、投手としてプロの扉を開いた。大学生ながら「まだ伸びしろがある」と評される最速153キロ右腕の入江。作新学院3年夏の甲子園では主に一塁手として中軸を打ち、エースだった今井達也(現西武)とともに全国制覇の原動力となった。2、3回戦で本塁打を放ち、迎えた準々決勝。2試合連続完封していた木更津総合のエース左腕・早川隆久(現早大)から初回に左中間ソロを放ち3試合連続本塁打の大会記録に並んだ。

 それから4年の月日が経った20年9月19日。「大学では投手となったが高校の時から気持ちは変わらず絶対負けたくない」とリーグ初戦で、早川とエースとして先発対決したが、5回6失点。152キロを計測したが、17奪三振で完投したライバルに「差」を見せつけられた。それでも翌20日の早大2回戦で8回から登板し、最速151キロの速球を軸に2回無失点。川上憲伸(元中日)、野村祐輔と森下暢仁(ともに現広島)らが背負った明大のエースナンバー「11」を受け継ぐ者としての誇りを示した。

 同26日の立大戦では先発で6回3失点。昨秋以来のリーグ3勝目を挙げた。初回に先制点を許すなど立ち上がりに課題を残すが、それ以上に1メート87、87キロと恵まれた体格で大器の予感を感じさせる入江。伸びしろ十分の右腕が明治魂を胸に、プロ野球の世界に飛び込む。

 ◆入江大生(いりえ・たいせい)1998年(平10)8月26日生まれ、栃木県日光市出身の22歳。小3から今市レイダースで野球を始め投手兼遊撃手。今市中ええは県央宇都宮ボーイズでプレー。作新学院では1年秋から投手としてベンチ入りし2、3年夏に甲子園出場。3年夏は一塁手として全5試合に先発。U18高校日本代表にも選出された。明大では投手として1年春からベンチ入り。1メートル87、87キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月26日のニュース