ロッテ4位の星槎道都大・河村投手 亜大退学後、星槎道都大で進化

[ 2020年10月26日 20:06 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2020年10月26日 )

記者会見に臨む河村説人
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)は26日に東京都内で開催され、ロッテが4位で星槎道都大の河村説人投手を指名。交渉権を獲得した。

 日本ハム1位指名の苫小牧駒大・伊藤と同様に、故郷・北海道の大学に再入学して成長を遂げた。白樺学園から進んだ亜大を退学。星槎道都大では規定で2年春から札幌六大学リーグに登板し、今秋は1試合17奪三振を記録するなど進化した。長身から繰り出す速球、フォークが武器。ロッテの印象について「SNSでいろいろとやっている。若い選手も多く、明るい球団だと思う」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月26日のニュース