ロッテ 藤岡が右大腿二頭筋損傷で抹消 平沢を登録へ

[ 2019年7月20日 11:55 ]

 ロッテの藤岡裕大内野手(25)は20日、札幌市内の病院で精密検査を受け、右大腿二頭筋損傷(2度)と診断された。全治は4週~6週の見込み。

 19日の日本ハム戦(札幌ドーム)の試合前の走塁練習中に右足を痛めた。試合にはそのまま出場したが、6回の守備からベンチへ退いていた。

 藤岡は今年2月の石垣島キャンプで右足膝窩筋腱炎(けんえん)のために別メニュー。5月には右大腿肉離れで約3週間離脱しており、下半身の故障による3度目の離脱となった。

 井口監督は「(出場選手登録を)抹消します。他の選手に頑張ってもらうしかない」と険しい表情だった。

 代わりに平沢大河内野手(21)が、21日に出場選手登録される予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース