阪神 サヨナラで連敗ストップ 矢野監督「喜ばせると言いながらそういう試合ができていないので…」

[ 2019年7月20日 22:07 ]

セ・リーグ   阪神4―3ヤクルト ( 2019年7月20日    甲子園 )

<神・ヤ>9回1死三塁、サヨナラ犠飛の近本のもとに駆け寄る北條(右端)ら阪神ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が連敗を6で止めた。3―3で迎えた9回に1死三塁まで攻め込むと、1番近本が左翼へ犠飛をマーク。プロ入り後初のサヨナラ打で6連敗中だったチームに久々の勝ちをもたらした。

 1点劣勢の8回に糸原、大山の適時打で逆転に成功したものの、守護神・ドリスが同点に追い付かれていた。延長戦突入なら流れを引き渡しかねない展開だった。

 投げては高橋遥が7回2失点。援護少なく3勝目はお預けとなったが、プロ入り後初めて2桁奪三振を記録するなど、強打者揃いのヤクルト相手に堂々たる投球だった。

 念願の連敗ストップが叶い、矢野監督は「タイガースファンの方にはたくさん来ていただいて、本当に、“喜ばせる”と言いながらもなかなかそういう試合ができていないのでね…」と話し、「明日は(先発の)西が西らしいピッチングをして、打線もガンガン打って、という試合ができるように精一杯がんばります」と必勝を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月20日のニュース